年表

[年表を記す、編集する] [トップへ戻る]



次のページ

 
 
 
 
 
 
 
 
年号
 
メイン
 
その他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1022年 7月 14日
 
   
 
◆法成寺の金堂供養。日本紀略(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
1020年 2月 不明
 
   
 
◆法成寺の阿弥陀堂建立。日本紀略(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
1015年 11月 6日
 
   
 
◆大地震。「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  5月 28日
 
   
 
◆地震あり。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
  4月 20日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
賀茂光栄没(陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
1014年 4月 11日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  2月 9日
 
   
 
◆頭弁資平、天文勘文を写し、焼亡や大地震があるのは旧を除き新を布くための注であると喚起するため上奏す。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
  1月 27日
 
   
 
◆戌刻彗星見ゆ。巻舌南に長さ2尺。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆三条天皇、斎王発遣儀式でしきたりに反し娘当子斎王に振り返らせた『大鏡』(斎宮関係略年表)  
 
 
1013年 9月 25日
 
   
 
◆地震あり。「法成寺摂政記」「小右記」「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  8月 9日
 
   
 
◆地震あり。12日にも地震あり。「法成寺摂政記」「小右記」「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  7月 24日
 
   
 
◆地震あり。「法成寺摂政記」「小右記」「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
  4月 8日
 
   
 
◆地震あり。「法成寺摂政記」「小右記」「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
1012年 8月 27日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後12」(天変地異年表古代)  
 
 
1011年 4月 8日
 
   
 
◆地震あり。「権記」(天変地異年表古代)  
 
 
1010年 9月 21日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後11」(天変地異年表古代)  
 
 
  8月 16日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後11」(天変地異年表古代)  
 
 
1007年 12月 22日
 
   
 
◆地震勘文を奏す。「法成寺摂政記」(天変地異年表古代)  
 
 
    21日
 
   
 
◆地震あり。「法成寺摂政記」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
◆村山修一の「日本陰陽道史話」によれば、この年(寛弘四年)より六年までの具注暦は、中臣義昌と賀茂守道が作ったことが明記されていると言う.(「陰陽師安倍晴明」p25 志村有弘)  
 
 
 
 
     
 
◆[時の帝、一条天皇が公の御偉業甚だ尊きに拘はらず位階低位にして、また晴明公は稲荷大神の御分霊なりとの由にて、御鎮霊の勅旨をもって創建された.](晴明神社由緒書)  
 
   
 
 
     
 
安倍晴明神社創建(国立文楽劇場企画展示 芦屋道満大内鑑〜安倍晴明の伝説〜H13.4月7日〜5月15日 パンフレット)  
 
   
 
 
1006年 2月 2日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後11」(天変地異年表古代)  
 
 
1005年 9月 26日
 
安倍晴明公逝去 享年85歳  
 
   
 
 
  7月 17日
 
   
 
◆地震あり。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
  3月 8日
 
◆中宮彰子、大原野社に参詣するため、晴明、反閇を行う.『小右記』(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
1001年 12月 29日
 
◆政事要略の長保三年閏12月29日の項に散位従四位下安倍朝臣晴明と記されており、当時すでに晴明は陰陽寮の役人の職を退いていたと思われる.(「陰陽師安倍晴明」p25 志村有弘)  
 
 
 
 
1000年 3月 1日
 
   
 
◆日蝕により、結政参せず。藤原行成、日蝕の日廃務の例なりと説明す。「権記」(天変地異年表古代)  
 
 
999年 11月 7日
 
晴明、防解火災祭の日時を勘申。権記(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
    不明
 
   
 
◆彰子、女御となる.(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
  9月 16日
 
◆[9月14日から、実資は、心が乱れ、熱が出ると言う事態になった.16日の明け方からいささか良くなったので、賀茂光栄に占わせたところ、求食鬼(くじき)の祟りだという.そこで、さっそく、その夜、鬼気祭を行っている。]小右記(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
  7月 16日
 
晴明、一条天皇の歯痛について占う。権記(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
  3月 7日
 
   
 
◆大宰府言上によれば、豊前国で米が降るという。「日本紀略10」(天変地異年表古代)  
 
 
     
 
   
 
◆富士山噴火の奏あり。「本朝世紀15」(天変地異年表古代)  
 
 
998年 10月 3日
 
   
 
◆大地震。「日本紀略後10」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
◆村山修一の「日本陰陽道史話」によれば、この年と999年の二年間の具注暦は、大春日栄種と賀茂光栄が作ったことが明記されていると言う.(「陰陽師安倍晴明」p25 志村有弘)  
 
 
 
 
997年 5月 22日
 
   
 
◆大地震。「日本紀略後10」(天変地異年表古代)  
 
 
996年 10月 3日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後10」「外記日記」(天変地異年表古代)  
 
 
  6月 26日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後10」「外記日記」(天変地異年表古代)  
 
 
  5月 22日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後10」「外記日記」(天変地異年表古代)  
 
 
  4月 2日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後10」「外記日記」(天変地異年表古代)  
 
 
995年 不明 不明
 
   
 
◆藤原道長に内覧の宣旨(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
994年 10月 24日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 9」(天変地異年表古代)  
 
 
990年 10月 25日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 9」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆この年、火災風災で改元。「古事類苑」(天変地異年表古代)  
 
 
989年 8月 13日
 
   
 
◆大風。洪水と高潮で畿内の海浜、河辺の人畜田畝に被害。「日本紀略 9」(天変地異年表古代)  
 
 
     
 
   
 
◆京と諸国で海が溢れる。「扶桑略記27」「百錬抄 4」(天変地異年表古代)  
 
 
  7月 不明
 
   
 
◆中旬、毎夜彗星東西天に見ゆ。「日本紀略 9」(天変地異年表古代)  
 
 
  6月 1日
 
   
 
◆彗星、東西天に見ゆ。「日本紀略 9」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆この年、地震により改元か。「古事類苑」(天変地異年表古代)  
 
 
988年 8月 5日
 
◆凶星のけい惑星が通常の起動を逸脱すると言う天文の異変が起こり、天皇・皇后ともに重い物忌みに入り、天台の座主の尋禅と陰陽道の晴明には祈祷の呪法が命じられた.尋禅は早速其の祈祷に従事したが、晴明はすぐに取り掛からなかったために、18日なって始末書を提出させられた.そのように『小右記』に書かれている.(安倍晴明伝説(諏訪春雄)参照)  
 
   
 
 
986年 7月 6日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 8」(天変地異年表古代)  
 
 
  6月 23日
 
◆大鏡ではこの時天皇は晴明宅の前を通り、晴明が星を見て譲位を知り、「式神参れ」と命じる声が聞こえたことになっている.
 
 
天皇花山寺に行き落飾する.(日本史年表より)  
 
 
  3月 27日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 8」(天変地異年表古代)  
 
 
  1月 28日
 
   
 
◆地震あり。「本朝世紀10」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆この頃、『斎宮女御集』成立(斎宮関係略年表)  
 
 
     
 
   
 
◆済子女王、密通の疑いを受け、野宮で解任される『日本紀略』(斎宮関係略年表)  
 
 
985年 11月 不明
 
晴明、大嘗会の吉志舞(古代の舞楽の名.神功皇后が朝鮮半島から帰り、大嘗会を行った時に初めて奏したといい、奈良・平安時代に安倍氏が奉行したが、室町時代中期頃に廃絶した)の奉行をする。園太暦(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
  5月 29日
 
◆天皇(花山)の錫じょ(天皇が二親等以内の親族の喪に服する時に着る浅黒色の闕腋の袍)を除く日を問われて、明日の寅の剋の初めがよいと答える。小右記(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
  4月 28日
 
   
 
◆藤原実資室、女子を無事に産み終える『小右記』(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
    19日
 
晴明、藤原実資室のお産のために解除を行う.『小右記』?(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
    18日
 
賀茂光栄、藤原実資室のお産のために解除を行う.『小右記』?(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
  1月 3日
 
   
 
◆僧良源(74)没する(日本史年表より)  
 
 
984年 8月 27日
 
   
 
◆円融帝譲位.花山天皇即位.(日本史年表より)  
 
 
     
 
   
 
◆新造の内裏に移る.(日本史年表より)
懐仁親王を皇太子とする(日本史年表より)
 
 
 
  7月 28日
 
晴明は、円融天皇譲位の日時を「来月28日」と答え、翌29日、道光らと共に譲位・立太子の勘文等を小野宮実資のもとに持参する。大日本史料所引「小野宮右府記」(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
982年 10月 不明
 
◆池亭記(慶滋保胤)できる(日本史年表より)  
 
   
 
 
  3月 1日
 
   
 
◆日蝕あり。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
  2月 27日
 
   
 
◆雷鳴地震あり。「小右記」(天変地異年表古代)  
 
 
980年 9月 28日
 
◆源博雅(63)没する(日本史年表より)  
 
   
 
 
979年 4月 21日
 
   
 
◆備中国より言上あり、去1日、都宇郡撫河郷箕島村に、形も味も飯の如き物が降り、人民これを食す。
        「日本紀略 7」(天変地異年表古代)
 
 
 
  不明 不明
 
晴明、花山天皇の命令で那智山の天狗を封ずる。『禅林応制詩』(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
978年 11月 20日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  7月 24日
 
晴明宅に雷震が有り、家破損。日本紀略(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
   
 
 
977年 6月 18日
 
   
 
◆大地震。古今未曾有の変異にして余震200余日という。「本朝地震記」(天変地異年表古代)  
 
 
  5月 23日
 
   
 
◆半租を命じる。「本朝地震記」(天変地異年表古代)  
 
 
  2月 24日
 
   
 
◆戌刻、艮巽両方角に彗星見ゆ。「日本紀略 6」(天変地異年表古代)  
 
 
    22日
 
賀茂保憲没する(日本史年表より)  
 
   
 
 
    4日
 
   
 
◆地震あり。9日にも地震あり。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆斎宮女御徽子、娘の規子内親王とともに再び斎宮に向かう『日本紀略』(斎宮関係略年表)  
 
 
976年 9月 23日
 
   
 
◆大地震。「本朝地震記」(天変地異年表古代)  
 
 
  7月 20日
 
   
 
◆大地震。前後に余震頻発。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
    13日
 
   
 
◆地震により改元。大赦行われる。「古事類苑」「本朝地震記」(天変地異年表古代)  
 
 
  6月 18日
 
   
 
◆京で大地震。人家の倒壊による圧死者多数。山城、近江の国で特にはなはだし。
        翌日より月末まで余震81回。天皇幄舎を建て御在所とする。崇徳寺堂谷に転落し、僧千聖転落死する。
        清水寺で圧死する者50人。八省院、豊楽院、東寺、西寺、極楽寺、円覚寺等も倒壊。
        近江国分寺大門倒壊。内裏修理中の30余人死亡し、読経請僧童子も圧死。「本朝地震記」「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)
 
 
 
  4月 11日
 
   
 
◆大きめの地震あり。「本朝地震記」(天変地異年表古代)  
 
 
975年 7月 1日
 
   
 
◆日蝕あり。天は黒色の如し。群鳥飛乱し、衆星が見える。「日本紀略 6」(天変地異年表古代)  
 
 
  6月 22日
 
   
 
◆暁、彗星艮方に現る。その形団扇の如し。長さ5、6尺。「日本紀略 6」(天変地異年表古代)  
 
 
974年 1月 19日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆隆子女王、斎宮にて死去する『日本紀略』(斎宮関係略年表)  
 
 
     
 
   
 
◆藤原朝成没.(「陰陽師安倍晴明」志村有弘)  
 
 
973年 9月 27日
 
   
 
◆京で地震。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  3月 24日
 
   
 
◆京で地震。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
    7日
 
   
 
◆雹降る。大和では水精玉砕の物が降る。「日本紀略 6」(天変地異年表古代)  
 
 
972年 9月 不明
 
   
 
◆余震未だ止まらず。「本朝年代記 2」(天変地異年表古代)  
 
 
  閏2月 14日
 
   
 
◆大地震。 「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  不明 不明
 
   
 
◆規子内親王家前栽歌合が行なわれる『類聚歌合』(斎宮関係略年表)  
 
 
971年 7月 6日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
  4月 6日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 7」(天変地異年表古代)  
 
 
968年 8月 4日
 
   
 
◆地震あり。「日本紀略後 5」(天変地異年表古代)  
 
 
 
 
 
 
 
 


copyright
Script:のび犬